YouTube Content IDとTikTokの収益化要件は何ですか?

あなたの楽曲がYouTube Content IDシステムおよび/またはTiktokの収益化の対象となるためには、いくつかの条件を満たす必要があります。

 

独占的権利
つまり、以下のものは対象となりません:

  • カバー曲
  • 第三者から非独占的にライセンスされたコンテンツ(例:BeatstarsやYouTubeインストゥルメンタルなど)
  • クリエイティブ・コモンズまたは同様の無償/オープン・ライセンスでリリースされたコンテン
  • パブリックドメインの映像、録音、作曲(クラシック音楽を含む
  • 他のソースからのクリップ(例:ビデオゲーム、映画、テレビ、YouTube ビデオ)

 

明確な参照コンテンツ
すべての参照コンテンツは、十分に明確でなければならない。つまり、以下のものは対象外となります:

  • カラオケ音源、リマスター音源、サウンドアライク音源、オリジナル版とは異なるライブ版、ダビングされたコンテンツ。
  • サウンドエフェクト、サウンドベッド、プロダクションループ(例:観客の拍手、ホワイトノイズ、ドラムループ)。

 

単一の明確な作品
つまり、以下のものは対象外となります:

  • 連続したDJミックス
  • マッシュアップ
  • カウントダウン・リスト
  • フルアルバムまたはフルコンピレーション

これらのタイプの例に含まれるすべてのコンテンツを全地域で独占的に所有している場合でも、個々のコンポーネント、楽曲、またはビデオに分離する必要があります。

 

非音楽作品の録音
つまり、以下のものは対象となりません:

  • オーディオブック
  • オーディオブック
  • ポッドキャスト
  • スピーチ
  • コメディ
  • 映画
  • 祈り
  • ゲームプレイ映像


10分を超えるトラック
収録時間が10分を超える音源は、不適格のフラグが立てられます。

更新

この記事は役に立ちましたか?

117人中58人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください