YouTubeのコンテンツIDシステムの利用資格基準は何ですか?

あなたの音楽がYouTubeコンテンツIDシステムの対象となるには、いくつかの基準を満たす必要があります。 これらには次のものが含まれます。

独占的権利

アーティストは音楽の独占的権利を有している必要があるため、カバー曲、パブリックドメインに該当する楽曲、またはオープンライセンス (クリエイティブ・コモンズなど) で利用可能な楽曲は送信できません。

個別のリファレンスコンテンツ

あなたの楽曲は意味のある方法で独立している必要があります。つまり、カラオケトラック、プロダクションループ、効果音などを提出することはできません。

1つの異なる作品

提出する音楽は単一の楽曲である必要があるため、継続的な DJ ミックス、マッシュアップ、またはコンピレーション全体を単一のトラックとして提出すると、基準が満たされません。

 

YouTubeのコンテンツIDシステムに楽曲を送信するときに知っておくべきいくつかの追加ポイント:

ビデオゲームのサウンドトラックのオリジナルコンテンツに関するガイドライン

ビデオゲームで使用するために作成された楽曲がYouTubeコンテンツIDシステムに入力されるには、出版社が提出する必要があります。

商業的に販売・ライセンスされたコンテンツ

ロイヤリティフリーの音楽ライブラリの一部である曲を提出することはできません。

基準の包括的なリストはこちらからご覧いただけます。

 

更新

この記事は役に立ちましたか?

25人中12人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください