自分のISRCを使用して、同じトラックを複数回リリースすることはできますか?

トラックに同じ国際標準レコーディング コード (ISRC) が含まれている限り、複数のリリースに含めることができます。トラックが何らかの方法 (オーディオ ファイルまたはメタデータ) で変更されている場合、ISRC を再利用することはできません。

既存の ISRC を使用してトラックをリリースする方法は次のとおりです。

  1. 新しいリリースを作成する
  2. 再利用したい ISRC を使用して、ライブラリから以前にリリースしたトラックを追加します。過去にリリースしたトラックを示す小さなチェック マークが付いた CD のアイコンが表示されます。

そのトラックのすべての情報 (使用した ISRC を含む) が事前に入力されます。そのトラックの情報を編集することはできません。これを行うのは、ストアが、既に使用されている ISRC コードを使用してまったく同じメタデータとオーディオ ファイルを送信する必要があるためです。リリース レベルのメタデータは引き続き編集可能です。

下書きに含まれるリリースのバージョンが 1 つだけであることを確認してください。下書きに同じリリースの複数のバージョンがある場合、ISRC を再利用できなくなります。

ISRC の再利用は、次の場合に最適です。

  • シングルをアルバムに収録
  • EP、ミックステープ、またはアルバムとしていくつかのシングルを再リリースする
  • コンピレーション、アンソロジー、またはグレイト ヒットとして曲を再リリースすること

ISRC のメタデータは、再リリースしても変更できないことに注意してください。ミュージック ストアは、同じ ISRC を持つ曲の異なるメタデータを表示することはできません。

メタデータを変更したい場合は、更新されたメタデータでLANDRライブラリから新しいリリースを作成して、新しいISRCを生成する必要があります。

更新

この記事は役に立ちましたか?

178人中151人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください