マスタリングされた曲が歪んでいるのですが、なぜですか?

ミックスの中にマスタリングをしたことによって明らかになったものがあったか、LANDRエンジンに問題があった可能性があります。

次の点を考慮してください。

  1. オリジナルのミックスをエクスポートまたはバウンスした後、慎重にミックスを聴いてください。マスタリングは、ミックスの中で私たちが聴こえない要素を、音圧を上げる工程(要素がより顕著になる)の一環として、前に出すことができます。だから場合によっては、元のミックスに存在する消したと思った音源が聴こえるかもしれません。
  2. プレマスタリングの推奨事項に従っていることを確認してください。これはLANDRから最良の結果を得るための鍵です。
  3. ローエンド!そのベース重視ものが好きでも、 問題ありません。しかし時には、低域とサブベースの周波数が過度に高くなると、LANDRはトラックを最適にマスタリングするのが難しくなることを覚えておいてください。場合によっては、わずかなHPフィルタリングを適用するだけで効果が得られます。
  4. キックがスカスカになってしまっていますか?時には、ミキシングの工程で適切にコントロールされないとキックドラムやその他のトランジェントで低音なサウンドはマスタリング後に歪んだり音自体が変わってしまうことがあります。ミックスのキックに少しだけコンプを加えると、マスタリングの工程で行われるハードリミッティング効果を避けることができます。ミキシングプロセスのさまざまな段階で少量のコンプレッションを追加するほうが、最後に多くを追加するよりもよく聞こえます。

更新

この記事は役に立ちましたか?

120人中62人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください